外付けハードディスク 使い方

外付けハードディスクの使い方は、データ保存が主流でしょう。
バックアップに使用することが多いようですが、液晶テレビや地デジの録画に買い求める人が多くなっているようです。

地デジの録画にテレビ用外付けハードディスク を購入するなら、容量は4TB以上はほしいところです。

楽天の通販で外付けハードディスク4TBを探す!
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

楽天でテレビ用外付けハードディスクを価格に低い順番に表示しています!
テレビ用外付けハードディスク

外付けハードディスクの使い方で、気をつけなければならないのが、振動や衝撃です。

最近の外付けハードディスクは、衝撃に強くなっていますが縦置きから倒しただけでも作動中は壊れる確率が高くなります。

パソコンに詳しい人ならわかるでしょうが、仕組みには詳しくなくて家電のつもりで使用すると故障の原因になりかねません。

外付けハードディスクの使い方として電源のオンオフがあります。
諸説いろいろありますが、頻繁にオンオフはしないほうが良いようです。

電源が入り動くときと電源が切れてとまるときに故障することがあるといいます。

外付けハードディスクの使い方を誤り、具合が悪くなると動いても異音が発生するようになりこのまま使用を続けると壊れてデータや録画が台無しになるので注意しましょう。

分解もNGです。精密機械の中身にはタバコの煙ほどの粒子(ゴミ)が入っても故障の原因なるからです。
さらに、熱にも気をつけましょう。

排熱の悪い外付けハードディスクは、寿命が著しく短くなると報告されています。
近頃は、温度表示のできるフリーソフトもありますので、常時チェックできると便利でしょう。

コンパクトで大容量の外付けハードディスクは、壊れたときのデータ量(損害)も膨大なものになりますからその辺を熟慮して、大切なものはバックアップのバックアップをBDに取るとか二段構えが安心です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です