音楽プレーヤー 人気

音楽プレーヤーの人気といえば、iPod(アイポッド)とウォークマンというほど両者は携帯音楽プレーヤーの定番となっています。

iPod(アイポッド)はアップル社が2001年11月に初代iPod(アイポッド)を発売し、パソコンを使用してiPod(アイポッド)の内蔵ハードディスクにダウンロードしどこでも音楽を聴けるというスタイルを定着させました。

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

ウォークマンは、1979年7月サルのCMから始まり(この時期はカセットテープでした。)その後iPod(アイポッド)が発売されるまでは、音楽携帯プレーヤーといえばウォークマンというほどその人気は独占的なものでした。


どちらの音楽プレーヤーも人気で、携帯音楽プレーヤーの市場独占率はiPod(アイポッド)が50%前後を占めウォークマンの約30%とは差が出来ています。(調査時)
もっともウォークマンは以前の20%台からの巻き返しで少しずつは伸びているという事です。

iPod(アイポッド)はその洗練されたデザインと「使う楽しさ」にこだわった音楽携帯プレーヤーです。ソフトウェアの「アイチューン(iTune)」を使い500万以上の音楽を選んで購入できるのも魅力です。

iPod(アイポッド)は9月に動画にも対応した機種「ナノ」や本体の画面に直接タッチして操作する「タッチ」を発売しています。

1GBの容量を持ち重量わずか15グラムの「シャッフル」から160GBの容量を誇る「クラシック」間で、その幅は広いです。

音楽プレーヤーの人気の一方の雄ウォークマンは、ソニーの音質の高さをアピールしています。
さらに、パソコンがなくても、CDやMDプレーヤーから直接録音できる便利さも魅力の一つです。
さらにウォークマンはiPod(アイポッド)を研究史iPod(アイポッド)の使いにくいところを使いやすくしてウォークマンに取り入れているということです。

10月に発売されたウォークマン「Sシリーズ」は「ノイズキャンセリング機能」といって周囲の音を4分の1程度に低減させる機能を新たに追加しています。

8GBの容量を持ち同じ容量を持つiPod(アイポッド)の「ナノ」と比較される事が多いといいます。さらに11月には、「ワンセグ」(地上波デジタル放送)対応の「Aシリーズ」も発売しiPod(アイポッド)と真っ向勝負する構えです。

ソニーはウォークマンで以前「アトラック」という独自の音楽圧縮形式を取り入れていましたが、iPod(アイポッド)の市場独占状態で、アップル・iPod(アイポッド)の方式にも対応するようになりました。

音楽プレーヤーの人気一番独走を続けるiPod(アイポッド)の牙城をウォークマンが切り崩すのは用意ではなく、今後の動向が気になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です