リーガルハイ 本

リーガルハイの本は楽天やアマゾンで発売されていますが、リーガルハイの原作というのはないようですね。

つまり、オリジナルドラマなんでしょうか。

最近楽天でリーガルハイの本を見て見る!
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

は、すでにある原作のドラマ化というものが多く2匹目のドジョウを狙うかんじで自分的には面白くないのですが、このリーガルハイは最近のドラマとしては特に面白く感じていたわけです。

リーガルハイの原作ではなくてリーガルハイが原作なんでしょう。

ドラマはいよいよ古美門研介(堺雅人)と三木長一郎(生瀬勝久)の最終対決の様相を呈してきましたね。

ヘルムート38の毒性をめぐり両者相譲らない戦いが繰り広げられていましたが、今回は古美門(堺雅人)の分が悪そうです。

それにしても真知子(新垣結衣) ちゃん、ダイエットであのおにぎりなないでしょう・・・

と思っていたら自ら人体実験をしていたなんて良いことではないですが志はすばらしいものがあります。

病院での精密検査の結果が出たときに初期であるが大腸ガンと聞いて、その話に立ち会った仙羽科学の担当者(カナさん?)の心を動かし、内部機密書類を手にすることができました。

結局、古美門研介(堺雅人)の逆転勝ちで終わった争いでしたが、さすが古美門(堺雅人)、医者にまで手を回していたとは抜け目ない弁護士です。

まさに敵を欺くにはまず味方からを地でいっている感じです。

最後に黛真知子(新垣結衣)が、ここをやめるというところで終わりますが、次回のリーガルハイは最終回!黛真知子(新垣結衣) 対 古美門研介(堺雅人)が見ものです。

リーガルハイの最終回は、見逃せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です