Dr.倫太郎の原作?原案?と第四話の感想

Dr.倫太郎の原作?ってあるのか調べてみると原案?と言うのがありました。
角川書店の単行本で清 心海さんの「セラピューティック・ラブ」と言うのだそうです。

常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

日テレでドラマ「Dr.倫太郎」が始まると原案の人気も上がっているようで、楽天でも売れているようです。

「Dr.倫太郎}と「セラピューティック・ラブ」とタイトルはだいぶ違いますが、テレビ的には売れるタイトルなんでしょうかね。

最近はオリジナルは少なくて原作や原案と言う土台があってのドラマ、人気があるならドラマ化も外れないと言うところでしょうか?

今回のDr.倫太郎は、宮川(長塚圭史)のセクハラ問題?と夢乃(蒼井優)が絡んできましたね。

さすがの宮川(長塚圭史)も倫太郎(堺雅人)に助けを求める事になったようです。

いやな性格ですがビタミン剤でごまかされるところなんか憎めないところのあるキャラクターです。

今回のセクハラ騒動の被害者?(実はそんな事はしていない)である三浦牧子(マイコ)は、倫太郎(堺雅人)が助ける事になったようです。

円能寺(小日向文世)から1千万円を取ろうとした夢乃(蒼井優)はやはり、解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい)なんでしょう。

彼女の母である相沢るり子(高畑淳子)に強要されたようですが、そこまでして用立てするワケは何なのでしょうか?

最初の300万円を受け取った時にお礼の金平糖をありがとうと言って受け取るあたりに理由がありそうです。

どうしようもない人でも親は親と言う事でしょうか?

夢乃(蒼井優)と明良という同一の体の2人の人格を作り出さざる得なかったココロの闇を引き出すために倫太郎(堺雅人)も苦労しているようですが、本人も別人格を認識しているようですね。

この問題を軸にドラマは展開していくようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です