切り傷を早く治す

切り傷を早く治す事や擦り傷の手当ての方法が、今までとは違ってきているようです。

自分が子供のころは、擦り傷や切り傷を早く治すには消毒して傷口を乾燥させかさぶたが早く出来るようにする。

しかし、最新の切り傷や擦り傷の手当ての方法は消毒剤はつけないで乾燥もさせないというのです。

擦り傷や切り傷は出血した後、透明な液体が出てきてジクジクしてきます。実はこのジクジクが擦り傷や切り傷を早く治すには大切なものなのです。

この中には、新しい皮膚を作るために必要な物質が含まれていて、傷を再生させるにはあったほうが良いといいます。

ですから、傷口をガーゼなどで覆うと、せっかくの傷を再生させる物質が吸い取られて治りが遅くなるというのです。

では、どう治療すれば良いかといいますと切り傷や擦り傷が乾燥しないように覆うのです。

楽天の通販で切り傷を早く治すバンドエイドを探す!
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

切り傷や擦り傷を負ったときには、まず水道の流水でよく洗い流し汚れを取ります。
今までは、ココで消毒液や消毒用の軟膏を傷に直接塗り、ガーゼで覆って絆創膏を張るというのですが、これも間違いといわれています。

水道の流水でよく洗うというのは良いのですが、消毒剤は、細胞を治すところも消毒(効果をなくす)してしまうので、治りが遅くなるというのです。

消毒剤を使用しても、毛穴の中にいる菌等は殺菌できないのでしばらくすれば、消毒しないのと同じ状態になるといいます。

ですから、洗ったあとは専用のガーゼ(吸収したり乾燥させない)を当てたり、ワセリンを塗布したラップで覆って周りを絆創膏・サージカルテープでとめればよいそうです。

バンドエイドのホームページでも数年前から切り傷を早く治す事や擦り傷の手当てに専用の絆創膏を発売していて、自分も子供に使用したことがあります。

確かに、傷を早く治すには有効で、さらに痛みにも良いのです。傷口を覆って空気に触れないようにすることで、痛みがたちどころになくなるのです。

これは子供にとってはありがたいことですね。
気をつけたいのは、深い切り傷や擦り傷の場合は、あてはまらないこともありますのでそのような場合は医者にいく事です。

砂場でのケガや古釘を踏み抜いたときなど破傷風に感染する危険もありますので、この辺は気をつけたいところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です