紅ふうき茶

紅ふうき茶は、花粉症シーズンにぴったりなお茶として注目を浴びています。

紅ふうきき茶は、緑茶の種類で元々は紅茶用に開発されたお茶だそうです。

この紅ふうき茶ニは、最近になりメチル化カテキンと呼ばれる成分が含まれると言う事がわかってきました。常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

このメチル化カテキンが、紅ふうきには他のお茶よりもたくさん含まれているのです。
紅ふうきは、インドで紅茶用に栽培されていてアッサムシュ種に近い品種で1993年には紅茶として登録を受けているのですが、花粉症には緑茶として仕上げた方が効果が大きいそうです。

メチル化カテキンが花粉症のつらいアレルギー症状を緩和してくれる仕組みは、
まず、花粉症やアトピー性皮膚炎では、マスト細胞と言う粘膜にある細胞が初期反応で主要な細胞になります。

紅ふうき茶に含まれるメチル化カテキンは、このマスト細胞を押さえ込みますからアレルギーに効果のある成分なのです。

詳しくいうと、メチルカ化テキンにはIgE受容体の発現とヒスタミンの放出抑制や花粉症症状の情報伝達系を阻害し炎症を抑える作用が存在し、紅ふうきを飲んでから30分から1時間でアレルギー症状の緩和を感じる人が多いといいます。

花粉症の症状などアレルギー症状が起きたときに、紅ふうき茶を飲むと鼻をかむ回数や眼のかゆみの減少、咽頭痛も軽減されると言われています。

しかし、この紅ふうき茶は、紅茶にすると酸化酵素の働きでメチル化カテキンが消失してしまうそうです。花粉症対策やアレルギー対策に紅ふうきを呑むのなら、紅ふうき緑茶を飲むことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です