耳が聞こえにくい 難聴

難聴は歌手の浜崎あゆみさん「あゆ」がなったことからもわかるように、若い世代にも発症する聴力障害です。
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

聴力障害の一つである難聴は、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

年齢と共に身体能力は衰え、耳も段々と聞こえにくくなる、難聴になるのは仕方ない事でありますが、最近は若い人が突然、難聴になるケースが増えているといいます。

こうした聴力障害には、突発性難聴やメニエール病・急性低音障害型難聴などがあります。
突発性難聴は名前の通り、ある日突然に起こる原因が不明の難聴の総称の事で、難聴が起きたとたんにわかるほど聴力が急激に低下し、ひどい場合には何も聞こえなくなるほどです。

通常、突発性難聴は片側の耳にだけ起き、耳鳴りやめまいを伴う事が多いと言います。
主に50から60歳代に置きやすいとされていますが、若い世代での発祥も珍しくはないと言います。

現在、国内の推定患者数は3万5千人といわれ、ココ十数年間で患者数は2倍になっています。
先に述べましたように突発性難聴は原因が不明の病気ですが、ウイルス感染説や内耳の血管の痙攣や血栓などの循環障害説もあり、このことから心筋梗塞や脳梗塞などの同じく血流の循環障害の増加と関係があるのではないかといわれています。

仕事などが忙しいときに起こる事も多いので、ストレスとの関係も指摘されています。

突発性難聴の場合、聴力が戻るかどうかは、発症から1から2ヶ月以内に完治する・有る程度回復・ほとんど回復しないの3つに分かれるという事です。
つまり、それ以降に回復して行くということはまずないということになります。

歌手の浜崎あゆみさん「あゆ」の場合は、ほとんど聞こえないそうですから、回復の見込みは残念ながらないようです。それでも、ああして音楽活動を続けていけるのは、人並みはずれた才能も勿論ですが、本人の努力もあるのでしょう。言い換えれば、努力しだいで克服も出来るという良い手本になったといえると思います。

20から30台と比較的若い女性に多い聴力障害に低音障害型感音難聴です。
高音は良く聞こえるのですが、低い音が聞き取りにくくなる病気です。

これも、一般には耳に起こるとされ、この難聴は80%の人が治るといいます。

突発性難聴や低音障害型感音難聴は、内耳の血流改善を図るビタミン剤や炎症を抑えるステロイド剤を使用します。場合によっては高気圧酸素室を使用することもあります。

メニエール病は、めまいを起こす病気と思われがちですが、難聴も引き起こす事があります。
几帳面な人に発症しやすく、ストレスが大きく関わっているとされています。内耳が水膨れ状態に腫れ平衡感覚や聴覚に異常をきたす病気です。利尿剤などで内部の水分を取り除きます。

最近では、騒音性難聴も増えていてヘッドホンなどをして大音量で音楽などを聴いていると発症します。

一口に難聴と言いましても、鼓膜の破れや中耳炎などのように中耳やがいじに異常がある場合には比較的治療が可能な事が多いのですが、突発性難聴のように内耳の聴神経等に異常が起こる病気の場合、原因が不明で治療が困難な場合が多いといいます。

基本的には、聴覚に異常を感じたら出来るだけ早く医師の診断を仰ぐ事です。
また、多くの難聴はいわゆるストレス、それが睡眠不足であったり精神的疲労であったり肉体的疲労出会ったりするわけですがこれらのものを溜め込まず、しっかりと休養もとることが大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です