肝臓 酒 脂肪肝

お酒と肝臓にまつわる話は色々とありますが、日本人の場合は体質的にお酒をまったく飲めない人は全体の約10%でほとんど飲めない人が約40%、飲める人が残りの約50%と言われています。

一般に体重が60キロの人で健康な肝臓が1日に処理できるアルコールの量は約60グラムといわれています。常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

ビールなら大瓶2本、日本酒なら2合位、ワインなら500ミリリットル程度だそうです。
目安の一つなので、自分の適量を知り飲み過ぎないようにすることが大切です。

飲むときの空腹時の飲酒は血中アルコール濃度が急上昇するので、必ず食べながら飲むことも重要です。

食べることや飲むことを過度に繰り返すと、脂肪肝になる事があります。
肝臓が正常な人は、肝臓には10%程度の脂肪が付いていますが、

脂肪肝の場合30%以上の脂肪が付いています。
脂肪肝になりやすい条件は、毎日たくさん飲酒をする、早食いやまとめ食い、甘い物や脂っこいものが好きである。塩分を取りすぎる。運動不足である。などがあり、当てはまる人は要注意です。

脂肪肝そのものが悪性の病気ではないのですが、脂肪肝になることにより代謝・解毒の機能が衰えたり、脂肪肝を放置することによって脂肪肝炎を発症し、肝硬変」や肝臓ガンへ進行する恐れがあります。

一般に脂肪肝炎になるのはお酒を飲む人といわれていますが、お酒を飲まなくても脂肪肝炎になる非アルコール性肝炎も増えているそうです。

脂肪肝だけと軽く見て、症状が出ないのをほっておくと進行してしまうので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です