アンパンマンミュージアム 旅行

アンパンマンミュージアムへ旅行して見ませんか?

横浜のアンパンマンミュージアムはみなとみらいの横浜市西区に位置するアンパンマンの参加型ミュージアムとショッピングモールの複合テーマパークで、2007年4月20日にアンパンマンミュージアム 横浜がオープンしました。

『それいけ!アンパンマン』をテーマにした首都圏初の複合テーマパークです。

近所ならアンパンマンミュージアムへ日帰り旅行、離れているならアンパンマンミュージアムへ旅行のついでに横浜観光、ディズニーランドだって、近いのです。

TDLとアンパンマンミュージアムは横浜に宿泊しても楽しめます。

参加・体験型のテーマパークであるアンパンマンミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界で心行くまで遊べます。

ショッピングモール・エリアは21店舗あり、キャラクターにちなんだアンパンマン関連の食品やアンパンマングッズ、サービスが満載の商店街となっています。

アンパンマンミュージアムエリアは入館料が必要ですが、ショッピングモールエリアは無料で入場できます。

アンパンマンミュージアムに行ったお母さん達の感想から、何点か挙げてみました。この感想から、初めてアンパンマンミュージアムに行く時に参考になれば…と思います。

コインロッカーは、ミュージアム入館中のみの利用となり、アンパンマンミュージアム棟1階チケットカウンター奥にあります。
 
来場した親子の感想は、たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱい・・・ということです。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催します。

これらのイベントも子供たちには、人気の一つでしょう。
ベビーカーの貸し出しは無いので、持参するしかないようです。

持参した場合、ミュージアム内には持ち込めないのでミュージアム棟1階チケットカウンター奥のベビーカー置き場を利用するのがよいと言う事です。

食事は、原則としてアンパンマンミュージアム内での飲食は不可です。給水機は1、2階にあるので水分補給にはココを利用するようです。

一度退場したら再入館はできないので飲食時間を考えて入館した方がいいようです。食事はショッピングモールにあるレストランやテイクアウト専門店を利用できるので安心です。

アンパンマンミュージアムのパーク内のトイレにはベビーキープ付トイレが、ほとんどの場所に設置されています。

幼稚園や保育園にあるような幼児用サイズの小さな洋式トイレもあり、キャラクターがたくさん登場するので、一人でトイレに入るのも楽しいはずで、これは親にとってはありがたい・・・との感想も多いようです。

アンパンマンミュージアムは子供に人気のテーマパークですから、アンパンマンミュージアム・エリアのイベントなどによる混雑状況もあわせてネットでHPをチェックして、下調べしてから出かけるといいと思います。

みなとみらいですからアンパンマンミュージアムは宿泊して、中華街や船でクルージングなど横浜の観光とあわせて楽しむのも良いと思います。

横浜アンパンマンミュージアム周辺のホテル(宿泊)と地図なら
コチラ

この記事もおすすめ!

「アンパンマンミュージアム 旅行」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。