グリルロンド

ルクルーゼは、グルメの国フランスで生まれその機能や彩りの可愛さで、世界中の一流レストランから一般のご家庭でも広く愛用されている鋳物ホーローウェアの逸品です。

今回は、ルクルーゼの中のグリルロンドのご紹介です。

ルクルーゼグリルロンドを楽天で!
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

半世紀以上ものあいだ、世界中のキッチンで愛用されているルクルーゼ・グリルロンド
深く作られた溝が食材の余分な油を落とし、香ばしい焼き目も付けてくれるので見た目にも食欲をそそります。
その上ルクルーゼの熱回りが均等のためお肉やお魚がの最大限に美味しく引き立たせてくれるグリル・ロンドです。

焼き物料理に最適なグリル・ロンドはハンバーグやムニエルなどの普段作るフライパン料理にもってこいです。そしてそのままテーブルに運べるのでとっても便利です。食材が持っている油を落とす働きをしてくれるソースパンは、ダイエット中の方には重宝します。

ルクルーゼのグリルロンドの内面は、鉄の上から透明ホーロー加工が施されています。
樹脂加工のように消耗品ではありません。つまりホーローのフライパンになります。
上手にキレイにお使いいただけると長持ちします。

○ルクルーゼのグリルロンドの使い方
一番はじめに材料がくっついてしまうのをふせぐため材料の水気は十分きっておいてください。
グリルの表面を充分に温めてから使用して下さい。水を1滴たらしてすぐに蒸発したら大丈夫です。
(中火で1から2分くらいが目安になります。ただし、熱しすぎて空焚きになってしまうのはご注意ください。調理中の火加減は弱から中火で充分調理できます)

ルクルーゼのグリルロンドの突起部分に食用油を薄く引いて、材料をのせて調理すると焦げ付きません。オイルの引き方は、直接すると溝に溜まってしまうので、ペーパータオルなどに含ませて塗るとうまくいきます。

ハンバーグなど柔らかいものを焼くときは、素材にも薄く油を塗っておくと更に良いと思います。
裏面も同様に焼いてください。

もし材料がグリルから離れなくなったら、そのままもう少し焼いてから裏返してみて下さい。
無理に返すと焦げ付きが溝についてしまうので注意しましょう。

焼き目が付いたら90度動かして、焼くと焦げ目が碁盤の目(格子状)になって見た目もおいしく仕上がります。

ルクルーゼのグリルロンドで分厚いサーモンステーキなどを焼いて、落ちた油にバターやパセリでソースを作り上からかけてもおいしく出来るそうです。

ルクルーゼのグリルロンドは、焼き物なら肉・野菜・魚介類など何でもござれの万能グリルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です