αリポ酸(アルファリポ酸)の効果やおすすめのサプリメントをご紹介!

αリポ酸(アルファリポ酸)の効果や働きなど書いています。

オススメのサプリメントやαリポ酸(アルファリポ酸)の働きやアンチエイジングや若返り・維持に効果的な理由などもあわせてご覧ください。

αリポ酸(アルファリポ酸)のサプリメントがおすすめ

αリポ酸(アルファリポ酸)のサプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

αリポ酸(アルファリポ酸)は食事や体内製造では、1日の必要量200mg~300mgを摂取することは無地かしいと言われています。

そこでαリポ酸はサプリメントによる 補給をお勧めします。

L-カルニチンやコエンザイムQ10と、共に摂取することで相乗効果が期待できます。

αリポ酸(アルファリポ酸)とは

αリポ酸は細胞がエネルギーを作り出す際に大事な役割をしており、糖質の代謝を促進します。

アメリカ・ヨーロッパではアンチエジング成分として、最も注目を集めています。

じつはアルファリポ酸(αリポ酸)は、コエンザイムと同様に体内のほとんどの細胞に存在する補酵素なのです。

αリポ酸は細胞がエネルギーを作り出す際に大事な役割をしており、糖質の代謝を促進します。

また、αリポ酸にはビタミンC、Eの400倍という強力な抗酸化作用がある上、元気のなくなったビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を再び活性化させルことができるのです。

つまりアンチエイジングに必要な抗酸化力を長時間持続させるといわれています。

αリポ酸(アルファリポ酸)はサプリメントがこうジャ的なわけ

αリポ酸は体内でも微量に合成されますが、食品には少量しか含まれていないので、サプリメントで摂ることが望ましいとされています。

アメリカでは以前からαリポ酸を配合したサプリメントが多数販売されており、日本でも2004年6月に医薬品扱いから健康食品への配合に使用が認可され態ます。

そのころからαリポ酸配合のサプリメントや化粧品が発売されはじめました。

αリポ酸の効果

1.疲労回復

αリポ酸は、体内で糖とタンパク質が結合する「糖化」という老化反応を防ぐ働きがあります。

糖化は老化と言われるように糖化の防止にはアンチエイジングが欠かせません。

体内の糖分をエネルギーや脳の活動に効率よく使うようにします。

αリポ酸で糖代謝が促進されればダイエットに有効なはずですよね。

疲れやすい人はαリポ酸で体にエネルギーが沸いてくるといわれます。

2.美肌

αリポ酸はこのようにビタミンC、Eの400倍という強力な抗酸化力で、肌の老化原因である活性酸素を除去します。

ビタミンEと比べて分子量も小さく皮膚からもよく吸収されます。

更に、水にも脂にも溶けやすい性質なので化粧水やクリームで直接肌から補給するのが効果的なのです。

小さな傷や目の下のクマを目立たなくする効果も期待できます。

シミやシワを薄くする、血行をよくし肌のくすみを改善する、開いた毛穴を小さくしてキメ細かな肌にするなど、αリポ酸は美容と老化防止に優れたパワーをもっています。

3.ダイエット

αリポ酸には、ミトコンドリアという細胞内のエネルギー生産工場にブドウ糖を積極的に届ける働きがあります。

糖質の代謝を促進する作用があるので、ダイエットにも効果的なのです。

脂肪をエネルギーに変えてくれるアミノ酸であるL-カルニチンといっしょに摂るとさらに効果的です。

4.糖尿病

血糖値の安定 αリポ酸には糖分とたんぱく質の結合を防ぐ「抗糖化」作用があり、血糖値が安定しやすくなります。

以前は代謝改善ビタミン(補酵素)として肝臓疾患や糖尿病薬品として用いられていたほどの成分がαリポ酸です。

アルファリポ酸(αリポ酸)の摂取方法

アルファリポ酸(リポ酸)は体内で微量しか作られない成分です。

食事から摂取するアルファリポ酸の量も少ないため通常的に必要量の摂取は難しいと言われています。

前述の様に必要量として十分な活性酸素抑制効果を発揮するには1日200mg~300mgを摂取する必要があるといわれています。

これらの理由からアルファリポ酸(リポ酸)をサプリメントによる補給をお勧めします。

αリポ酸(アルファリポ酸)のサプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

アルファリポ酸はこんな人におすすめ

若い頃に比べ、同じ運動をしてもなぜか体重が減らなくなっていませんか?

どうしてでしょう?

若い頃に比べ、脂ものを控えるようになったのに、なぜか、体脂肪がついてしまいませんか?

なんで?

若いときと同じように運動はしてても、 ダイエットしてもだんだん痩せにくくなってきて、体重も落ちにくくなってきていると感じる人は多いはずです。

30代を境に、お腹周りに贅肉が付き出し、せっかく買ったズボンやスカートも、すぐにはけなくなってませんか?

体重は増え、体脂肪がドンドン溜まって行くという負のサイクル!

恐怖の中年太りになる謎!

そこで、ある機関が20代後半から40代前半の 中年太りに悩む男女に協力を仰ぎ徹底調査してみました。

まずは20才前後の写真をみせてもらうと、 皆さん現在の姿はご想像の通りですが・・・

若い頃は見違えるようなお姿で輝いています。          

肥満とは全く無縁な体型だったんです。

例え太ったとしてもすぐに元に戻せたと言うのです。

どうしてそんな方々が中年太りに?

調査した結果、運動不足や基礎代謝の低下だけではない、本当の原因を探り当てたのです。

それは、 ある物質の減少でした。

いったい、どんな物質なのか?

その物質は、健康先進国アメリカではみんなに知られていました。

ALAと呼ばれている、アルファ リポイック アシッドです。

アルファ・リポイック・アシッド?

日本では、αリポ酸と呼ばれる物質なのですね。

このαリポ酸が体内で減ってしまうために中年太りが起きるというのです。

そのためアメリカではサプリから摂取していると・・・。

ドラッグストアを覗いてみると、 確かにαリポ酸のボトルがずらり、並んでいます。

かなりポピュラーなようです。

αリポ酸とは αリポ酸は、別名、チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種です。

人間のからだを構成する60兆個の細胞すべてに存在し、 活性化させる働きを持っています。

人気のコエンザイムQ10と、よく似ている物質なのです。

アメリカでは、非常にポピュラーなサプリで、皆さん、よくお買い求めになる様です。

運動する前に使うと体脂肪の燃焼にとても効果が上がり、 摂り始めて二週間で身体が疲れにくくなったと言う声もあるくらいです。

以前の薬品から現在の食品に区分を変えたこのαリポ酸、日本では厚生労働省が薬品から食品に区分を変えています。

因みに、他にもあのコエンザイムQ10やL-カルニチンもあります。

でもαリポ酸を補うことで中年太りは 本当にストップするのか?

そこで、ネットで調べた所こんな文献を見つけました。

以下抜粋

先ほどの中年太りに悩む男女に 実際にαリポ酸を摂取してもらい検証してみました。

与えられた期間は、わずか一週間でした。

果たして、こんな短期間で効果が出るのかと誰もが疑っていた所、驚くべき変化がおきたのです。

個人差は勿論あるのでしょうがその声の中には、

元気になった気がします。

お腹周りはだいぶしまったかなっていう感じがして体重にも変化が出てきたようです。

『88.4kgなんですけど。  85.1kg。』 『すごいですね。』 更に一週間前には入らなかった、若い頃のズボンが・・・ スッキリはけた!

かつてない、奇跡的なこの変化をもたらしたものは、αリポ酸の類まれな効果だった様です。

医薬品でもないので個人の感想なのですが、何れにしても結果が出たのは何かの作用があったのでしょう。

更に話は続いて、
         
1.αリポ酸、その正体とは?

あなたの体内から 減っているかも知れない?

われわれは、αリポ酸研究の最前線、 アメリカ、オークランドの研究所を訪ねました。

ここは、αリポ酸の様々な効果を、長年、研究している機関。 その第一人者、エイムス博士に取材する事ができたのです。

αリポ酸研究の第一人者エイムス博士のお話です。

αリポ酸は、我々の体内、それも全身全ての細胞に存在する物質で、全身の細胞を活性化させる働きがあります。

特に、細胞内のミトコンドリアの機能に深く関わっているのです。

αリポ酸が存在するのは、 全身に60兆ある全ての細胞。 その細胞のなかのミトコンドリアにあります。

コエンザイムと同じ場所にあり、 ミトコンドリアの機能を高めます。

αリポ酸研究の第一人者エイムス博士いわく、 我々が生きて行くのに必要なエネルギーを、ミトコンドリアが作るのです。

その際、αリポ酸は、炭水化物からエネルギーを作り出す補酵素として、 絶対に必要不可欠なものと言えるでしょう。

食事から摂取した栄養素は、身体を動かすエネルギーとして、 体内で脂肪、タンパク質、糖の三大栄養素に分解され、吸収。全身に送られます。

中でも糖は、エネルギーとして使われないで体内に余り出すと、 細胞で中性脂肪に作り変えられて脂肪細胞という場所に送られ蓄えられてしまうのです。

これが体脂肪が増えていく理由なのです。

αリポ酸が関わっている栄養素はこの糖。細胞にまで運ばれた糖を、脂肪に蓄えられないようエネルギーとして使われやすいかたちに分解させるのです。

これは、60兆個の細胞の全てで行われます。

そのため糖の分解を促進するαリポ酸は、もともと糖尿病の治療薬でした。

若い頃は食べ過ぎてもさほど太らなかったのは、 全細胞のαリポ酸が糖分をどんどん分解していたからなのです。

ところが!!

αリポ酸研究の第一人者エイムス博士 いわく、体内のミトコンドリアの機能は年齢とともに低下してしまうのです。

その境目は、中年期以降なのです。

特に30代あたりと考えられています。

ミトコンドリアの機能が低下すると言う事実について 我々は更に恐ろしいデータを入手したというのです。

それは体内のαリポ酸量の推移でした。

ピークは二十歳前後で 20代後半から減少をたどっていくというのです。

つまりαリポ酸は、中年で減少する!

実はこれが中年太りの原因と考えられるのです。

中年太りで体脂肪が増えるのは、食事で摂取した炭水化物、すなわち糖を、せっせとエネルギーに代えていたαリポ酸の量が減ることで、体内に分解されない余分な糖が余リだすことになります。

この余った糖が、脂肪に作り替えられ内臓や皮下の脂肪細胞にどんどん貯えられた結果なのです。

そして恐ろしいことに、一度減ってしまったαリポ酸は、体内では増やすことは殆ど不可能というのです。

身体の外から何かしらの方法を使ってαリポ酸を補い、中年太りをストップさせるしかないのです。

では、αリポ酸を補うと、中年太りはどうストップするのか?

食事から体内に吸収された糖は、細胞に送られ、まずピルビン酸に変化します。

ここには、まだαリポ酸は関わりません。

このピルビン酸が、エネルギーの生産機関である、ミトコンドリアに入ります。

ここで待っているのがαリポ酸です。

ピルビン酸をアセチル CoAという物質に変化させます。

この工程が無いとピルビン酸はエネルギーを生み出すクエン酸回路に入れず、また体脂肪に逆戻りしてしまいます。

クエン酸回路に入ったアセチルCoAは、コエンザイムの働きによってエネルギーATPに作り変えられます。

αリポ酸があって、コエンザイムの効果もアップされるのです。

減ってしまったαリポ酸を補うことで、食事で摂った栄養は効率よくエネルギーに変化し、運動することで体脂肪減少につながるのです。

中年太りをストップさせるには、 αリポ酸を外から摂取するのが重要なのです。

日本人の多くが悩む中年太りですが、その実態を探るべく集まっていただいたのは 20代後半から40代前半の男女です。

皆さん30歳を境に体型の変化を感じたとか、たった数年で買った服が着られなくなる程に体型が変わってしまうと言う事を経験しています。

あなたの部屋のタンスや押し入れにも、着られなくなった衣装が眠っていませんか?

一体何がみなさんの体型を変えてしまったのか?         

日常生活では、それなりに気を使っているようです。

お肉とか若い頃に比べたら あまり量は食べなくなったし、努めて歩いているのに効果があがらないと感じています。

これこそが、体内のαリポ酸が減少し中年太りが起きている証拠でしょう。

そこで、8人に実際、αリポ酸を補ってもらうことにしました。

摂取時の決まりごとがあります。

αリポ酸が体内の細胞に全ていくとは限らないので摂取量は100ミリグラムが望ましい。

αリポ酸の摂取量は、1日1回目安は100ミリグラムです。

摂取後は必ず、体脂肪を使うためにウォーキングなどの有酸素運動を20分以上行います。

更に食生活は、規則正しく三食とるようにします。

中年太りがストップするにはこの3ステップが必要です。

初めに、体脂肪の材料である血液中の中性脂肪が減ってきます。

そして、内臓についた体脂肪が使われ始めます。

最後に皮下についている体脂肪が使われだします。

この三つのステップを経て体脂肪が減少し中年太りはストップするのです。

女性の体脂肪の多くは皮下脂肪型といわれています。

使われだす脂肪としては3ステップ目になります。

そのため体脂肪に効果が現れてくるのは早くても1ヶ月くらいかかるのですね。

すぐに効果が出ないとあせってはダメです。

続いては男性の場合です。

男性の体脂肪の多くは内臓脂肪型と言われています。

短期間なら内臓脂肪の方が使われやすい特徴があります。

そして、αリポ酸には、更なるパワーが!!

なんと余った糖分が脂肪に変わるのを抑制し、その結果脂肪細胞の肥大化を防ぐ作用があるのです。

αリポ酸は、糖をエネルギーに変えるだけでなく余った糖が脂肪に変化するのを阻止して溜め込まれるのを防ぐ、という優れた働きも持っているのです。

αリポ酸を補うことで、体脂肪増加に歯止めがかけられるのです。

中年太りの救世主がαリポ酸といえるでしょう。

その効果を得るには、適度な運動と規則正しい食生活が大前提です。

αリポ酸(アルファリポ酸)のサプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です