「民営化する郵便局」カテゴリーアーカイブ

郵貯銀行

郵便局の民営化より、郵貯が郵貯銀行となった今何が変わったのでしょうか?
まず金利、郵貯の金利は民間銀行よりもかなり高めに設定されていました。

しかし、民営化した今は大手都市銀行と大体同じ位になりました。
なぜかというと、郵貯が民営化し郵貯銀行となったいま、郵貯銀行は預金保険機構に守られることになり、ココに保険料を支払わなくてはなりません。
続きを読む 郵貯銀行

簡保(簡易保険)と生命保険(民間)

簡保(簡易保険)と生命保険(民間)の大きな違いは、国の保証があるかないかですが、民営化によりこの差はなくなってしまいます。

しかし、簡保(簡易保険)と生命保険(民間)の違いはこれだけではありません。

簡保(簡易保険)は生命保険(民間)に比べて、加入や保険金お受け取りが簡単な事も大きなメリットです。
続きを読む 簡保(簡易保険)と生命保険(民間)