コンドームの通販!送料無料の店舗!!

送料無料でお届けする通販店舗のご紹介です。

店頭での購入が恥ずかしい人におすすめのコンドームの通販です。

正しくコンドームを使用しましょう!

コンドームの正しい知識

また、コンドームは避妊だけでなく、エイズなどの性感染症(STD)の予防にも有効です。

最近ではそちらの効用の方が大きく取り上げられ、社会的に認知度が上がってきました。

ぜひ正しい使用法で、後悔のない、愛ある生活を営んで下さい!

安心、安全、確実しかも簡単な避妊には、コンドームが一番!

コンドームの始まり

コンドームの始まりは、魚の浮き袋や羊の腸で出来ていたそうです。

現在、今やその厚さ0.02mmのラテックスゴムやウレタン製のコンドームが当たり前の時代になりました。

避妊性交=コンドームを装着してのセックス、といっても過言ではありません。

究極の避妊用具はコンドーム

コンドームは、精子をサックの中に封じ込め、膣内に入りこませない究極の避妊用具です。

コンドーム使用での避妊率は、80%とも90%とも95%とも言われています。

しかし、どの文献も100%というものは見当たりません。

なぜそんな究極の避妊法なのに100%の避妊率ではないのでしょう?

答えは簡単。正しい使用法を行っていないからです。

どんなに素晴らしい商品でも、使用法が誤っていれば、その本来の使命を果たさないのです。

あなた(あるいはパートナー)は、正しくコンドームを使用していますか?

コンドームの正しい使用法

1.常に新品を使用する。

コンドームの再利用は厳禁!表面に精子が付着していたり、微細な穴が開いていたりする場合があります。

2.コンドームの表裏は正しく。

表面に塗布された潤滑ゼリーが内部にくると、脱落しやすくなります。

3.サイズは正しく

脱落防止のため、サイズは正しく、出来る限りピッタリなものを選びましょう。

個人差がありますので、大きい人も小さい人も、自分に合ったサイズを使いましょう。

4.施設の備え付けは使わない。

ホテル常備のコンドームは大変危険です。安価品が多く使われ、その性能にも疑問がありますし、また前回の部屋の使用者のイタズラなどで穴が開けられていたりする可能性もあります。

古くなったり、温度の極端に高い場所で保管されたりしていたものは素材が劣化し、破けたり穴が開きやすくなっています。

5.使用期限を確かめる。

適当な場所で保管された使用期限内のものを正しく使用しましょう。

6.取り扱いに注意する。

アクセサリーや長い爪など、とがったもので触れた場合、目には見えなくとも微細な穴が開いてしまう場合があります。装着時には充分に気をつけましょう。

7.事前に装着しておく。

精液は射精の瞬間のみに出るモノではありません。避妊を心掛けるのであれば、挿入前からコンドームを装着しておきましょう。

8.重ねて使用しない。

コンドームを重ねて使用すると逆に脱落し易くなります。一枚で充分に性能を発揮するよう設計されています。

9.事後は、速やかに!

射精後は速やかに膣内から抜き出し、コンドームを外しましょう。そのままの姿勢で放置すると、萎縮した陰茎からコンドームが外れ、内部の精液が漏れる恐れがあります。

10.その他

潤滑ゼリーはコンドームが破れるのを防ぎ、快感を高めます。 ラテックス製のコンドームは、コールドクリーム、バター、植物油(例:オリーブ油)等の油脂製潤滑ゼリーと一緒に使うと破損の恐れがあります。水溶製のものを使いましょう。

正しいコンドームのつけ方(装着方法)

1.・(必要に応じて)コンドームの中に一滴か二滴、潤滑ゼリーを入れる。 ・巻かれている状態のコンドームを勃起したペニスの先にかぶせる。 ・精液を溜めるため、端に1センチ程残しておく。

2.片手でコンドームの先に入っている空気を抜く。(破損は、コンドーム中の空気の入った部分との摩擦によって起きる場合が殆どです。) ・もう片方の手でコンドームを降ろしていく。

3.コンドームはペニスの根元まで降ろす。 ・空気が入っている場合は、必ず手で慣らして空気を抜く。

4.(必要に応じて)コンドームの外側に潤滑ゼリーを塗る。

包茎の方のコンドームの装着方法

(1) 最初に包皮を根元まで下げ(いわゆるむく)

(2) 亀頭が顔を出す状態にして、(余った包皮は根元に集まる)

コンドームをペニスにかぶせます。

(3) そのまま傷つけないように根元までかぶせていき、

(4) 次にコンドームを持ったまま包皮ごと先の方へ引っ張り、皮がのびたところで、コンドームを包皮にかぶせていきます。

(5) すると包皮とコンドームが一緒に動くのでピストン運動をしてもはずれないはずです。

コンドームの外し方

1. ペニスが柔らかくなる前に(女性器から)抜く。

抜く際には、精液をこぼさないようにコンドームを根元で押さえる。

2. コンドームを捨てる。

3. 再び抱きあう前に、ペニスを石鹸と水で洗う。

コンドームが破れたら…

性交渉中であれば、直ちにペニスを抜いて新しいコンドームを着ける。

コンドームが破れたら、男性には分かるはずである。

その感触を知るためには、男性はマスターベーション(自慰)中にわざとコンドームを破ってみるとよい。

精液が漏れてしまったら、石鹸と水で洗い流す。

女性の受胎可能期間の場合は、緊急避妊について医師に問い合わせる。

この記事もおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です