サプリメントとは!おすすめのサプリメントや理由、特徴をご紹介!

Contents

アンチエイジングにダイエット、老化防止の効果やいつまでも健康でありたいとの願いからサプリメントを選びたい人は多いと思います。

種類も成分も多いサプリメントの選び方や基本を書いています。

おすすめの人気のサプリメントもご紹介しているので参考にしてください。

上手なサプリメント選びで効率よくダイエットや老化防止に役立てましょう。

サプリメント選びの考え方

アンチエイジングのためにサプリメントを飲むことは、アメリカの女性たちの間では既に常識になっています。

サプリメント先進国アメリカでは、かなり以前から病気予防の目的でサプリメントが一般に普及しています。

現在は若くて健康なうちから老化を予防する為の成分を積極的に取り、体内の細胞レベルでアンチエイジングを目指す方法が関心を集めているそうです。

サプリメントは20~30代の若いうちから摂りはじめ、長期的に続けることで、細胞の質がどんどん改善されていきます。

10年後、20年後の肌や健康に大きな違いが出てくるはずです。

目的や症状にあわせて選ぶサプリメント

目的や症状にあわせて賢く選ぶサプリメントは、いつまでも若々しい肌と健康を保つ為の最も身近な手段なのです。

サプリメントの基本はビタミンとミネラル

アンチエイジングのためにサプリメントを摂りはじめるには、まず、最低限必要なビタミンとミネラルが複合的に配合されたマルチビタミンとマルチミネラルを取ることが重要です。

土台となる基本的なビタミン・ミネラル類が不足している状態では、いくら個別のサプリメントだけ試しても効果はあまり期待できません。

ただ、最近のサプリメントは単体の成分よりも基本となるビタミン・ミネラル類を初めから配合しているものもありますので、内容表示成分を、よく読んで選びましょう。

ビタミンとミネラルのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

サプリメント選び/初めに摂りたい抗酸化ビタミンA・C・E

アンチエイジングの強い見方、ビタミンA・C・E

アンチエイジングの効果を高める為に特に欠かせないのが、抗酸化ビタミンとも呼ばれているビタミンA,C.Eの3種類は美肌や健康の強い見方です。

3種類とも、しみ、シワ、たるみの原因となる活性酸素(フリーラジカル)を除去する作用を持っているのです。

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保つ作用が、ビタミンCは美白効果や肌のコラーゲン活性を高める為の作用も持ち合わせています。

また、びたみんEの抗酸化作用に高さは若返りのビタミンと言われているほどです。

これら3つのビタミンは、同時に取ることで相乗効果が働き、更にパワーを発揮します。

アンチエイジングの強い見方、ビタミンA・C・Eのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

ビタミン摂取量と注意したい上限

アンチエイジングを目指すなら基本のマルチビタミンにプラスしてA・C・Eのビタミンを摂るのが理想的です。

但し摂取量には注意が必要です。

1日あたり最低限必要な量

ビタミンの摂取量については、厚生労働省が、定めた日本人が1日あたり最低限必要な量である「栄養所要量」と1日に摂取しても安全とされる「上限摂取量」が決まっています。

「栄養所要量」はビタミンAでは1800IUとなっています。

ビタミンCでは100㎎が1日あたり最低限必要な量です。

ビタミンEの1日あたり最低限必要な摂取量は8㎎です。

ビタミンの上限摂取量

「上限摂取量」はビタミンAでは5000IUです。

ビタミンCでは特になし、過剰に摂取しても尿と共に対外に排出されてしまうからですね。

ビタミンEの1日に摂取しても安全な量は600㎎となっています。

複数のサプリメントを摂る時は、含有量をチェックして上限を超えないよう注意が必要です。

特に、脂溶性のビタミンAの摂りすぎは、体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

ビタミンA の摂取量に注意!おすすめはカロテン!

そこで、マルチビタミンのほかにビタミンAを摂るときには、「ベータカロテン」を飲むのが良いでしょう。

ベータカロテンは、体内に入って体に必要な量だけビタミンAに変化する優れものです。

ビタミンCは積極的に摂取しよう!

ビタミンCは、過剰摂取の危険はなく反対に飲酒やタバコや発熱等によって消費されやすいビタミンなので積極的に補うようにしましょう。

ビタミンEの摂取はサプリメントがオススメな理由

ビタミンEは、例えばアメリカでの理想とされる摂取量は1日最低66㎎となっています。

こしかし、オイルやアーモンド等ビタミンEの多く含まれる食品を食べることで摂取したとしても多くの量が必要になります。

そうなると高カロリーになりとても現実的ではありません。

そこで、食事でとりきれない分はサプリメントで補うのが、良い手段と言えます。

ビタミンEのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

アンチエイジングのためのサプリメント

話題のアンチエイジングのためのサプリメントといえば、大注目のコエンザイムQ10(CoQ10)をはじめ、どれも非常に強い抗酸化作用を持つのが特徴です。

ベースとなるマルチビタミン、マルチミネラルにプラスして飲めばアンチエイジングの基本、抗酸化対策はバッチリです。

コエンザイムQ10とは

近年では最も注目を集めているアンチエイジングのためのサプリメントです。

2001年に厚生労働省から栄養補助食品として認可が下りて以来の若返りのサプリメントの代名詞となっています。

コエンザイムQ10は、私たちの体内に存在していて細胞内のミトコンドリアという所で合成され、脂肪を燃やして生命維持に必要なエネルギーを生みだす役割を担っている物質です。

しかし残念ながらその生産量は20代をピークに年々減り続け80代では、なんと半分になってしまうと言われています。

食品からも取れますが、1日の必要量は牛肉なら900グラムを食べなければなりません。

しかも毎日です。

ですからサプリメントで摂取するのが賢明と言えるでしょう。

安全性も、もともと心臓病の治療薬として活用されてきた物質でもあり、副作用の報告もありません。

細胞の老化を防止するには早くから摂取する方がより効果が出ます。

数年先の美肌や健康のためにも長期的に飲み続けたいサプリメントです。

コエンザイムQ10を更に詳しくはコチラ

アルファリポ酸とは

アンチエイジング大国のアメリカでは既に大人気の抗酸化物質が。その抗酸化力はビタミンCやEの400倍と言われるほど強力です。

また、一度代謝された抗酸化物質、ビタミンCやEを再び抗酸化させる作用も持っています。

性質として水と油の両方に溶けるため、細胞に浸透しやすいのが特徴です。

安全性も保証済みで2004年6月に栄養補助食品として認可されました。

アルファリポ酸を更に詳しくはコチラ

ピクノジェノールとは

フランス海岸松の樹皮から抽出水溶性フラボノイドで、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍の抗酸化作用が特徴の天然の抗酸化物質です。

体内の活性酸素を除去する作用のほか、ビタミンCやE、コラーゲンと一緒に摂れば更に効果大。皮膚の結合組織の成分を補強すると言われ、特に肌の老化防止に有効です。

ピクノジェノールと同じような作用のフラバンジェノールが配合された飲料も最近出ています。

また、同じくニュージーランド産海岸松から抽出されたエンゾジノールも、天然の抗酸化物質として最近注目を集めています。

その他病気の予防、健康増進、アンチエイジングのサプリメント

肌の張りにおすすめのコラーゲン

ぷりぷりと張りがある肌は、、皮下組織の細胞同士が栄養分や水分をたっぷりと含み繊維状のたんぱく質・コラーゲンでしっかりと結ばれている状態であるからです。

但しコラーゲンは25歳を過ぎると年齢と共に減少していきます。

不足すると肌の張りが失われ小じわができやすい状態になってしまうので、サプリメントで補うと効果的です。

その際、ビタミンCと一緒にとると効果的です。

お肌の老化防止にヒアルロン酸がおすすめ

また、細胞の潤いを維持する為には、ヒアルロン酸もお勧めです。

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で細胞の潤滑油として働きます。

また、水分保持力に優れはヒアルロン酸こそみずみずしい肌にはなくてはならないものと言えるでしょう。

低分子化された物が、吸収性抜群で、お勧めしたい逸品です。

ヒアルロン酸をもっと詳しく

シミそばかすの美白におすすめのサプリメント

年齢と共に肌のターンオーバーが遅くなるとシミ・シバカスが目立ってきます。

原因となる紫外線を浴びないように日頃から注意することも大切ですが、まずは基本のビタミンを取って代謝をアップさせましょう。

更に、メラニン色素の生成を抑制する作用のあるサプリメントで体の中から美肌対策するのがおすすめの方法です。

アミノ酸の一種であるL-システインは、 メラニン色素の生成を抑制するほか、ビタミンCと一緒に摂ることで、コラーゲンの生成を助けるので美肌効果大です。

また、美白のハーブと言われるウバウルシも、アルブチンといわれる成分が、メラニンの生成を抑えます。

シミそばかすの美白におすすめのサプリメントのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

スタミナ不足の解消におすすめのサプリメント

年齢を重ねると体力がなくなったように感じるのは、食事で摂った栄養素を代謝してエネルギーに変える力が衰えてくる為ですよね。

そこで、まずはビタミンを摂って代謝機能をアップさせることが必要です。

特にビタミンB群は疲労回復には欠かせない栄養素なのです。

つかれには豚肉が良いといわれるのは、ビタミンBが他の肉類に比べて豊富に含まれているからです。

ただ毎日食べるわけにもいかないし、必要量を毎日食べ物で摂るのは大変です。

そこで糖質の代謝にかかわるB1やたんぱく質の代謝にかかわるB6、B12等のビタミン群が複合的に配合されたサプリメントを積極的に摂取しましょう。

また、ジンセン(シベリア人参)も疲労回復に効果を発揮、持久力が必要なここぞと言う時に強い味方となってくれます。

疲労回復におすすめのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

髪・爪のトラブル対策におすすめのサプリメント

髪やつめも肌の一部名のです。

髪のコシがなくなったり、2枚爪等ツメのトラブルが起こってしまうのは、その材料である体内のたんぱく質が足りていない証拠です。

健康で元気な髪の毛に一番必要なのはコンブなどの海藻類ではないのです。

材料であるたんぱく質が必要です。

普段の食事でもたんぱく質をとることは大切ですが、足りない分はプロテインで補いましょう。

たんぱく質といえば肉類の摂取も効果的ですが、ダイエット中の方など肉の脂も摂取してしまうと意味がなくなります。

動物性脂肪の摂りすぎになると健康が損なわれる心配もありますよね。

そこで、必要な栄養素のみを摂取できるサプリメントをおすすめするのです。

コラーゲンを強くする働きを持つネトルも、丈夫な爪やコシのある髪のために効果的です。

また、亜鉛が不足すると、爪がもろくなってしまうこともあり、味覚障害にもつながりかねません。

亜鉛が含まれているマルチミネラルのサプリメントを毎日摂るようにしましょう。

プロテインとマルチミネラルのサプリメントのサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

アルコールの害を軽減

お酒は百薬の長と言うことわざの通り、適度な飲酒は健康にプラスになることが知られています。

肝臓等に支障が出て健康を害するのは過度に飲み続けた結果ですが、付き合い等でどうしても避けられないこともあるでしょう。

きょうは飲むぞ!という事がわかっているときは、あらかじめサプリメントを摂っておくのもひとつのアルコール対策の方法です。

特にアルコールによって必要以上に対外に排出されるビタミンB群とビタミンC等の水溶性ビタミンを補うことが大切です。

また、肝臓の代謝を高める為にはマリアアザミと言うキク科のハーブやウコンなどがお勧めです。

骨粗しょう症・関節炎の予防におすすめのサプリメント

女性の骨は、骨格が完成する20代半ばまでは増え続けますが、それ以降は成長が止まります。

更に更年期に女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまいます。

エストロゲンの効果である骨を作ったり、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きが急激に衰えてしまうわけです。

それが、骨粗しょう症や関節炎と言ったトラブルを引き起こしてしまいます。

そこでなるべく早いうちからカルシウムを多く含む食事やサプリメントを摂取するように心がけたいものです。

その際ビタミンDと一緒に摂ることで吸収率がアップするといわれています。

また、軟骨の老化を防ぐ、グルコサミンやコンドロイチンもお勧めです。

骨粗しょう症・関節炎の予防におすすめののサプリ製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

物忘れ対策におすすめのサプリメント

「どうも最近物忘れがひどくて・・・」近頃そんなことはありませんか?

でも頭の回転が鈍ったのを年のせいにはしたくないものです。

いつまでも若々しい頭脳を保つ為に一番大切なことは、脳の血行を良くしておく事なのです。

そのためにはイチョウ葉が効果的です。

ドイツでは、アルツハイマーの治療薬としても使われていて血液循環を改善する上に、抗酸化作用も強いので脳機能が高まります。

また、青魚から取れるDHAもお勧めです。

DHAは目や脳のたんぱく質にとって大切な栄養素です。

隅々の血管まで柔軟にするので、子供から大人まで、集中力を高めたいときに効果ばつぐんです。

勿論、細胞自体を活性化させるコエンザイムQ10もお勧めです。

物忘れ対策におすすめのサプリメント製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

生活習慣病・ガンの予防におすすめのサプリメント

活性酸素によって細胞が酸化すると、遺伝情報をコントロールするDNAが傷つき、ガンをはじめとする疾病を引き起こしてしまいます。

抗がんや生活習慣病予防の為に近年注目されているものとしてポリフェノールやフラボノイドと言った野菜特有の抗酸化物質「ファイトケミカル」があります。

野菜そのものをフリーズドライしたサプリメントや、日本で手に入りやすいものとしては青汁などに多く含まれます。

青汁は特に大麦若葉やケール由来のものが、栄養分が豊富でお勧めです。

完全無農薬の原料が使われているかもチェックしたいものです。

その他メシマコブやアガリクス、ハナビラダケもβグルカンによる免疫力アップ、ガンの予防に、効果があると言われています。

生活習慣病・ガン対策におすすめのサプリメント製品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

ダイエットにおすすめのサプリメント

ココで言うダイエットとは、いわゆる肥満を解消する為のことを指します。

肥満とは単純に考えて、需要と供給・摂取と消費つまり代謝が追いつかなくなると体の中の栄養分が体内にたまっていってしまう結果起こることなのです。

その対策として悪くなった代謝機能を、良くしてあげる為のサプリメントを摂ることやたまった脂肪を燃焼しやすくしてくれるサプリメントを摂ることで、それを解消しようと言うわけです。

特に脂肪を燃焼することが直接大きな効果をあげることができます。

そのためのサプリメントではL-カルニチンが有名です。

脂肪は、ミトコンドリアで燃焼されるのですが脂肪酸がミトコンドリアまで移動するのを手助けをしてくれるのがL-カルニチンなのです。

つまりL-カルニチンは、ブドウ糖や遊離脂肪酸などの脂肪酸を、ミトコンドリアに連れていく重要な役割を担う成分なのです。

もともと体内にあるものですが、加齢と共に減っていくものなので、20代を過ぎたらサプリメントで積極的に摂取することをお勧めします。

同時にアルファリポ酸・コエンザイムQ10と同時に取ることにより、その効果が倍増することが多いです。

L-カルニチンを更に詳しくはコチラ

アルファリポ酸を更に詳しくはコチラ

コエンザイムQ10を更に詳しくはコチラ

サプリメントQ&A

日ごろのサプリメントに対する疑問に回答して行きます。

サプリ、サプリと世間での宣伝は多いのですが、わからないことも多いのではないでしょうか?

そこで、一般に多くの人が疑問に思うサプリメントの選び方や用法や容量、などの解説です。

自分にあったサプリメントの選び方は?

サプリメントの効果の現れ方は、人それぞれ名のですね。

自分にとって最も効果の上がるものを探し出すのがサプリ選びには重要です。

まずは、ビタミン・ミネラルで土台を整え(又はそれらも含有しているサプリメントを見つけて)ましょう。

目的にあった、例えば肌を綺麗にしたい、やせたい、スタミナをつけたい等のサプリメントを1つずつプラスして効果を試すのがポイントです。

あれこれと一度に飲んでいては、どのサプリメントが効いたのかわからなくなります。

体質に合ったサプリメントが見つかったらそれをしばらくは飲みつづけるのがポイントです。

サプリメントを飲み忘れたらどうする?

サプリメントを飲む回数と量は、基本的にはボトルやパッケージの表示に従うのがベストです。

万一、飲み忘れに気づいたら、忘れた分を次回に足して飲んでも大丈夫です。

例えば、朝・昼・晩と1回2錠飲むものを、朝と昼に飲み忘れた場合には、夜に1日分の6錠を飲みます。

基本的に医薬品ではなくて健康食品なのでよほどの量を飲み続けない限り、健康被害はないといえるでしょう。

サプリメントは摂取量が少なすぎると効果が期待できなくなるものです。

1日分程度であれば1度にまとめてでもその日の内に飲むほうが効果的です。

満堂だからと毎日、1日分を一回で済ますのはダメですよ。

サプリメントにはカプセル・錠剤、色々あるけどどれが良い?

体内に吸収されやすさで言うと液状タイプが一番です。

しかし、形状にこだわるよりも自分のライフスタイルに合わせて、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

最近は、ガムになっていたりシリアルバーのようなものが出てきています。

要は食生活の一部として飽きずに続けられるものを選んで飲むと良いでしょう。

サプリメント同士の飲み合わせで注意することは?

サプリメントは薬ではなく食品なので、基本的にラベルに表示されている通りに飲んでいれば、一緒にとっていけないものはありません。

逆に一緒にとることで相乗効果を期待できるものもあります。

最近は相談に乗ってくれるサプリメント販売メーカーも有るので利用するのも良い方法です。

ピルケースに入れたサプリメントの保存期間はどのくらい?

サプリメントはボトルやパッケージから出すと、酸化して時間が経つにつれて品質が落ちてしまいます。

ピルケース等に入れて持ち歩く場合には、なるべく少量ずつ入れルようにしましょう。

長くても3日分程度にしておくのが良いと思います。

サプリメントを保存する時の注意は?

高温多湿を避け、直射日光のあたらない場所に保存することです。

また、特に表示がない限り、冷蔵庫に入れないでおきましょう。

冷蔵庫から出し入れする際の温度差が結露などして、サプリメントの劣化を引き起こしてしまいます。

合成と天然どちらのサプリメントが効果的?

サプリメントには合成と天然があります。

どちらが良いと言うのはなく、それぞれにメリットがありますので目的にあわせて選びましょう。

ビタミンミネラル等、日頃の食事だけでは不足がちな成分を手ごろな値段で一度にあれこれとりたいのなら合成サプリがお勧めです。

その際目的の成分が必要量含まれているかチェックすることが大切です。

また、ポリフェノールやフラボノイドと言った植物特有の抗酸化物質「ファイトケミカルズ」の効果を期待するになら天然サプリが良いでしょう。

但しファイトケミカルの効果をより強く感じたいなら、野菜や果物等に素材から特定の成分だけを抽出した「抽出タイプ」ではなく、100%オーガニックの素材をまるごと使った「濃縮タイプ」を選ぶのがベストです。

サプリメントについてのまとめ

このようにサプリメントは普段の食生活では必要量の摂取が難しいものや食品に含まれる余分な栄養素まで摂取する心配がないと言うメリットがあります。

だからと言って食事の時間がないとか面倒だからとサプリで済ますのはよくありません。

あくまでもサプリメントとは栄養補助食品と考えて、足りない栄養素を効率的に摂取できるものと認識しておきましょう。

健康や老化防止、キレイであり続けたい願望をかなえるための一つの手段としてのサプリメントの摂取はおすすめできます。

サプリメントは補助的な要素として上手に利用していきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です