新型インフルエンザの予防と対処や備蓄

新型インフルエンザが、発生したらできるだけ感染の機会を避けるべく外出は極力控え人の集まるところには行かないようにしましょう。
手洗いやうがいも欠かさないのは言うまでもないことです。

もし、発熱など新型インフルエンザに感染した恐れがあるなら、すぐに近所の医療機関を受診する事は避けましょう。出歩く事や医療機関の待合室で二次感染をさせてしまう危険があるからです。

まずは、保健所に設置されている「発熱相談センター」に連絡する事をおすすめします。

新型インフルエンザが大流行すると感染区域への出入りの制限などが予想され、物流にも影響が出そうです。
新型インフルエンザの流行に備え厚生労働省は2週間程度の備蓄を呼びかけているそうです。
常に最新の価格やレビューが表示されるようになっています。

食料品や日用品、医薬品の備蓄が必要という事です。このような新型インフルエンザの予防と対処や備蓄について、今後は講習会などが各地で行われるようですが、知識がないままに流行してしまうとパニックに陥る事もあるので普段から勉強しておく事が必要でしょう。

新型インフルエンザに対する家庭においての備蓄すると良いものを考えた場合、

食料品は米や乾麺、カップめんに切り餅、シリアル食品、乾パン、レトルト食品、缶詰や冷凍食品にミネラルウォーターのペットボトルや缶飲料があれば便利です。

医薬品としては、インフルエンザにも使用可能な解熱鎮痛剤(医師に事前に相談)、胃腸薬、ガーゼに絆創膏、マスク、ゴム手袋、水枕、消毒剤としてアルコールや漂白剤

日用品としては、トイレットペーパーにティッシュ、ラップにホイルやせっけん、洗剤、生理用品、ビニール袋、懐中電灯や電池、ラジオに携帯電話の充電器、カセットコンロやボンベといったところでしょうか。

新型インフルエンザ流行は、地震の様に一瞬にして壊滅的な被害を受けることはないので普段の生活が続けられるようなものがあれば、といあえず不自由する事はないでしょう。

予防として、接触しないのが一番ですから買い物などの外出をしないでも暮らせるような備蓄品が必要という事です。ただし、厚生労働省では2週間程度といいますが、流行は2ヶ月くらい続くとの見方もありますので。備蓄の量は考える必要がありそうです。

今だ経験したことのない新型インフルエンザですから予防と対処や備蓄も、慎重に検討したほうがよさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です