カルニチンでダイエット!その効果や効能、飲み方やタイミングをご紹介!

カルニチン(Lカルニチン)がダイエットに良いと聞くけどどんな成分なの?

飲み方や摂取の仕方やタイミングなどを書いておきます。

いろいろな疑問にお答えし、おすすめのカルニチン(Lカルニチン)サプリメントも紹介します。

ダイエットだけでなく健康な体作りに役立つカルニチン(Lカルニチン)をサプリメントで有効に摂取しましょう。

カルニチン(Lカルニチン)とは?

以前は医薬品としか認められず、その後に日本で発売が可能となった『カルニチン(Lカルニチン)』はボディビルダーのあいだでは比較的古くから愛用されているロングセラーサプリメントです。

このカルニチン(Lカルニチン)は二つのアミノ酸、リジンとメチオニンから構成された成分で、肉などから摂取することができるのです。

人の肝臓や腎臓においても合成され、筋肉細胞へのブドウ糖や遊離脂肪酸の受け渡しの部分で活躍している栄養素なのです。

体内では骨格筋、心筋に多く存在しています。

Lカルニチン(Lカルニチン)は、もともと人間の体内で造られている微量成分ですが、ストレスや現代の多忙な生活の中で不足しがちになると言われます。

しかも年齢とともにその生産量が落ち、それにともなってカルニチン(Lカルニチン)が不足することになります。

そこから様々な体調への影響が懸念されています。

カルニチンとlカルニチンの違い

因みにカルニチンとlカルニチンの違いは、カルニチンの中の一つにLカルニチンが有るのです。

食品やサプリメントとして使用されるのはLカルニチンです。

ココでは表記を便宜上、カルニチン(Lカルニチン)としています。

カルニチン(Lカルニチン)でダイエット

カルニチン(Lカルニチン)は特にダイエットに働きかける成分として注目されています。

脂肪の燃焼は筋肉細胞内のミトコンドリアで起こりますが、脂肪酸はカルニチン(Lカルニチン)の助けを得なければミトコンドリアには到達できません。

カルニチン(Lカルニチン)は脂肪酸を脂肪燃焼の場であるミトコンドリアに連れていく役目をしているのです。

カルニチンの成分

L-カルニチンは、アミノ酸の一種であるリジンとメチオニンという必須アミノ酸が、肝臓や腎臓で合成されたものです。

脂肪は、ミトコンドリアで燃焼されるのですが脂肪酸がミトコンドリアまで移動するのを手助けをしてくれるのがカルニチン(Lカルニチン)なのです。

つまりL-カルニチン(Lカルニチン)は、ブドウ糖や遊離脂肪酸などの脂肪酸を、ミトコンドリアに連れていく重要な役割を担う成分なのです。

カルニチン(Lカルニチン)は、ダイエットだけでなく、筋肉質な体をつくるアスリートにも愛用されています。

ボディビルダーやフィットネスクラブでは、昔から愛用されているロングセラーサプリメントです。

カルニチン(Lカルニチン)をご家族みなさまのご健康にお役立てください。

カルニチン サプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

カルニチン(Lカルニチン)の効能

カルニチン(Lカルニチン)は、アミノ酸の一種リジンとメチオニンが体内で変化した物質と言うお話をしました。

しかし、加齢や食事内容によって不足しがちになるのがカルニチン(Lカルニチン)の特性です。

最近はダイエットをサポートする成分としてカルニチン(Lカルニチン)が注目されています。

カルニチン(Lカルニチン)は、年齢を重ねると、合成される量が徐々に減少してしまいます。

このことが原因で、筋肉は徐々に落ち、脂肪が体に蓄積されてしまうわけです。

その為不足した分をサプリメントでの補給が望まれるわけです。

このカルニチン(Lカルニチン)はブドウ糖や遊離脂肪酸を筋肉で使うために非常に重要な役割を持っているとされます、

このことがカルニチン(Lカルニチン)がダイエットに働きかけると言う事で注目され話題となっています。

カルニチン(Lカルニチン)を健康的なダイエットにご活用ください。

カルニチン(Lカルニチン)で体脂肪を燃焼しましょう!

カルニチンと筋トレ

カルニチン(Lカルニチン)は人の肝臓や腎臓でつくられ、脂肪燃焼によるダイエット効果と持久力アップが代表的な働きとして挙げられます。

最初に脂肪の燃焼は筋肉細胞内のミトコンドリアで起こるということと、脂肪酸はカルニチン(Lカルニチン)の助けを得なければミトコンドリアには到達できないということお話しました。

このことからカルニチン(Lカルニチン)を摂取することにより、その摂取量が2倍になれば脂肪酸の燃焼は2倍となり、発熱量も2倍になります。

そのため脂肪消費量(発熱量)が増え最も理想的にダイエットをすることが出来ます。

これにより、カルニチン(Lカルニチン)の栄養補助食品はダイエットだけでなく、筋肉質な体をつくるアスリートにも愛用されています。

しかし20代をピークに、カルニチン(Lカルニチン)は合成される量が減少していきます。

年齢を重ねるほど太りやすくなる原因の1つには、このカルニチン(Lカルニチン)の合成量減少が関係しているとも言われています。

またカルニチン(Lカルニチン)は食肉から1日当たり100~300mgぐらい補給されるといわれますが、ダイエットなどで肉をあまり食べない人はリジンとメチオニンの摂取量が少なくなります。

カルニチン サプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

カルニチンがおすすめな方

余分な脂肪を燃焼させ、脂肪をためない身体づくりを目指す方は、サプリメントなどから積極的にカルニチン(Lカルニチン)を補給することをおすすめします。

カルニチン(Lカルニチン)・ダイエットであなたの悩みを解消!

・運動してもなかなかやせない

・食事制限はガマンできない

・健康的にやせたい

・今までことごとくダイエットに失敗している

・食生活が偏りがち

・最近疲れやすい

これらダイエット上の悩みを解消するパワーを秘めているのが『カルニチン(Lカルニチン)』なのです!

カルニチンを飲むタイミング

カルニチン(Lカルニチン)の機能と飲むタイミングを説明します。

カルニチン(Lカルニチン)は、朝食、昼食、夕食のいつ摂る?

太りにくい体質になりたいならば、朝食時をおすすめします。

カルニチン(Lカルニチン)は摂って活動することで、体脂肪が燃えますよね。

ですから、活動前の朝がいちばん効果的なのです。

しかし、朝から100グラムのステーキというのは、なかなか難しそうです。

そこでサプリメントの登場です。

効率よく一定量の成分を取るのならば、サプリメントを利用するのがいいと思います。

例えば、ダイエットのためや、内臓脂肪を減らすために、カルニチン(Lカルニチン)を摂取しようとする場合、肉類をどんどん食べていては、かえって逆効果です。

余分なものまで体に入ってしまうので、コレが効果を半減させてしまうわけです。

サプリメントならカルニチン(Lカルニチン)を摂りながら、食べ過ぎによる総カロリーを抑えることができるのです。

更に運動をすれば中年太りが防げるということです。

カルニチン 欠乏

日本人は、カルニチン(Lカルニチン)が不足している?

カルニチン(Lカルニチン)は、もともと体の中で合成されるものなので、基本的にはそんなに不足するものではないのです。

ただし、この合成する力は、加齢とともに落ちていきます。

人間の骨格筋の中のカルニチン(Lカルニチン)の量は、20代が一番多く、それからどんどん減っていきます。

若いときには体内に20~25グラムほどありますが、80歳ではかなり低下します。

若い人はカルニチン(Lカルニチン)の不足を心配する必要はあまりありません。

しかし、50歳を過ぎたら、外から、つまり食事や栄養補助食品で、積極的に摂ったほうが良いということになります。

つまり、飲むタイミングは50歳を過ぎてからということになります。

勿論平均的な話なので、用法や容量を守ればどのタイミングで飲み始めても差し支えないでしょう。

50歳を過ぎたころから積極的な摂取が望ましいのではないかと思います。

カルニチン欠乏症?

体内のカルニチン(Lカルニチン)が不足する?と

やはり、太りやすくなります。

肥満により高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす危険性も高くなります。

つまり、中年太りに悩む人は、体内のカルニチン(Lカルニチン)量が不足していると言えるわけです。

カルニチン(Lカルニチン)が不足しているということは、体脂肪が燃えにくい体になっているわけですから当然、太りやすくなります。

日本でもココ何年かの間に中年太りの人が増えていますよね。

太っている人というのは、飢餓の時代に少ない食料でも耐えて生き残っていたいと言うある意味で良い遺伝子を持っているということなのです。

しかし、現代の飽食の時代ではそれが健康や容姿を損なう要因にもなっています。

だから、できるだけ体脂肪を燃やしたほうがいいわけです。

そのためには、カルニチン(Lカルニチン)が必要というわけです。

現代人の肥満の主な原因は、油の摂りすぎと言えます。

揚げ物などの、油ものを多く摂っているということばかりでなく、加工食品の利用が多くなったことも大きな原因です。

加工食品は、見た目には油が多く入っているようではなくても、たくさん入っているのです。

例えば、ラーメンやハンバーガー、スナック菓子、レトルト食品など。油というのは、旨みの素であり、食べると美味に感じさせます。

だから、つい食べ過ぎてしまいやすいのです。

それと、油は1グラム9キロカロリーもあるし、吸収も良いので、脂を燃焼する効果のあるカルニチン(Lカルニチン)を摂っておかないと、皮下脂肪が溜まり、中年太りということになってしまうのです。

カルニチン サプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

カルニチン(Lカルニチン)は内臓脂肪にも効果がある?

勿論、効果的です。

内臓脂肪はメタボリックシンドロームと深くかかわっていて、生活習慣病の元凶と言えます。

また、カルニチン(Lカルニチン)は脳で不足すると、いわゆる痴呆症になりやすくなります。

筋肉で不足すると、非常に疲れやすくなります。

痴呆症とカルニチン(Lカルニチン)

肥満の他カルニチン(Lカルニチン)不足は、脳細胞の減少を加速し、痴呆症を招く?

カルニチン(Lカルニチン)は、ボケ防止にも役立ちます。

カルニチン(Lカルニチン)は、脳の働きに良い成分で、脳の働きとカルニチン(Lカルニチン)の関係を研究する東京都脳神経研究所が行った実験があります。

カルニチン(Lカルニチン)を与えたネズミと与えないネズミの迷路実験でも、カルニチン(Lカルニチン)を与えたネズミの学習能力が高まったという結果が出ています。

体内のカルニチン(Lカルニチン)は、加齢とともに減り続け、不足すると太りやすくなると話しました。

カルニチン(Lカルニチン)が体脂肪を燃やす働きを持つ成分として注目を浴びてきています。

しかし、いちばん最初にカルニチン(Lカルニチン)が興味をもたれたのは、食品中の生体成分の一つとしてなのです。

タンパク質を構成するアミノ酸は、食品の中にはそれこそ何百種類とあります。

カルニチン(Lカルニチン)も、そのアミノ酸の一種です。

研究はそれっきりになっていたのですが、カルニチン(Lカルニチン)が脳の働きに重要な成分であることがわかり、また研究がされるようになりました。

もともとは、痴呆症にいい成分として注目されていたのです。

それから、どうも脂質代謝にも関わっているらしいということが明らかになり、その研究は、ヨーロッパで進められてきました。

そんな変遷があり、日本でも昨年12月に医薬品扱いだったカルニチン(Lカルニチン)が食品として利用できるようになったことで、ダイエット効果が注目されるようになりました。

ダイエット効果や痴呆症の予防など気体の成分解き分けです。

カルニチン(Lカルニチン)は、脳の働きにどう良いのか?

カルニチン(Lカルニチン)は、体の中でアセチル-カルニチン(Lカルニチン)に変わります。

このアセチル-カルニチン(Lカルニチン)は脳に多く含まれています。

脳のアセチル-カルニチン(Lカルニチン)が不足すると、脳の細胞は壊れやすくなります。

人間の脳細胞は、生まれてから日々、減っていく一方で、1日に何万という数が壊れていっています。

お年寄りの脳細胞は、生まれたときの半分ともいわれています。

アセチル-カルニチン(Lカルニチン)が不足すると、この脳細胞が壊れるスピードが早まるわけです。

それで、痴呆症になりやすくなるのです。

アセチル-カルニチン(Lカルニチン)は、食べ物で取れる?

アセチル-カルニチン(Lカルニチン)は、食品の中には含まれていません。

カルニチン(Lカルニチン)を摂ることで、アセチル-カルニチン(Lカルニチン)は体の中で合成されます。

つまり、カルニチン(Lカルニチン)をしっかり摂っておけば、アセチル-カルニチン(Lカルニチン)が増え、脳の働きを保ち、痴呆症を防ぐことができるというわけです。

カルニチン(Lカルニチン)の摂取量

羊肉の足の部分に多く含まれるカルニチン(Lカルニチン)ですが、その摂取量はどのくらい必要なのでしょうか。

もちろん、環境や年齢などで変化します。

50歳過ぎたら、カルニチン(Lカルニチン)の摂取量は1日100mg

カルニチン(Lカルニチン)は肉類に多く含まれています。

特に、赤身肉の活発に動く部位、つまり足に多いですね。

牛肉や豚肉などありますが、一番多いのは羊の肉です。

マトン(羊肉)のカルニチン(Lカルニチン)含有量は、牛肉の約3倍、豚肉の約9倍です。

マトンやラム(子羊肉)を食べれば、カルニチン(Lカルニチン)をしっかり摂れることができるというわけです。

カルニチン(Lカルニチン)の摂取量は、1日に数十ミリグラムを目標とすればいいと思います。

若い人は、体内のカルニチン(Lカルニチン)量が多いので、特に問題のない方は積極的に摂る必要はありません。

50歳以上の人は、1日100ミリグラムは摂ったほうがいいでしょう。

日本人には羊の肉は臭いがどうもという人が多いですし、スーパーマーケットなどでもあまり売られていません。

羊肉よりも食べやすい肉で、100ミリグラムのカルニチン(Lカルニチン)を摂るには、例えば、国産牛のステーキだと、100グラムで摂れます。

魚介類から取るには、カルニチン(Lカルニチン)を最も多く含むのは、赤貝です。

しかし、カルニチン(Lカルニチン)を100ミリグラム摂るには赤貝を100グラム食べなければなりませんから、ちょっと大変そうです。

カルニチン サプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

中年太り解消にカルニチン(Lカルニチン)と運動習慣が必要?

中年太りにならないためには、カルニチン(Lカルニチン)+CoQ10+ビタミンB1、それに運動習慣が必要です。

サプリメントならば、カロリーや脂肪の摂り過ぎを気にせずカルニチン(Lカルニチン)が摂取できておすすめです。

更に中年太りを解消したいなら、運動をしましょう。

ウォーキングなど、軽い運動でいいのです。

近所のスーパーに買い物に行くにも、ポストに手紙を出しに行くにも、車と言わずに、歩くようにしましょう。

エレベーターよりも階段、一駅くらいなら歩いてしまう。

カルニチン(Lカルニチン)を摂って、酸素を取り込む運動(有酸素運動)をすると、体脂肪が燃えます。

カルニチン(Lカルニチン)を摂り、適度な運動を最低でも3週間は続けてください。

それと、カルニチン(Lカルニチン)は体内に蓄積されるものではありませんから、毎日、継続して摂ったほうがいいです。

カルニチン(Lカルニチン)の効果的な摂り方は?

ダイエットしたいならカルニチン(Lカルニチン)を摂っていれば良いということではありません。

効率的に効果を上げたいならCoQ10と併用することです。

ダイエット目的でカルニチン(Lカルニチン)を摂るならば、これは肝心です。

そのメカニズムから、カルニチン(Lカルニチン)はCoQ10と摂ってこそ、中年太りの解消に効果を発揮するのです。

いくらカルニチン(Lカルニチン)をしっかり摂っても、CoQ10が不足していては、体脂肪は燃えません。

CoQ10は、カルニチン(Lカルニチン)と同様、加齢とともに減っていきます。

それから、ビタミンB1も必ず一緒に摂るようにしてください。

ぐんと効果が上がります。

中年太りしたくないならば、カルニチン(Lカルニチン)とCoQ10とビタミンB1をセットで摂ることなのです。

これら三つをセットで摂らないと意味がありません。

それに加え、軽い運動を習慣づけることです。

カルニチン サプリ商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です