チアシードでダイエット!効果や飲み方をご紹介!

おすすめのチアシードやダイエット方法をご紹介しています。

チアシードの効果や飲み方、そもそもチアシードってなに?

と言う疑問にもお答えしましょう。

チアシードを上手に利用してらくらくダイエットを目指しましょう。

チアシードのダイエットが簡単な理由や効果と特徴

チアシードのダイエット商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

チアシードの特徴

チアシードの特徴は、寒天のように大量の水分を吸収することです。

そして、水分を吸収することで、種のまわりにゼラチン状の物質ができます。

この特徴が、お腹が膨れるダイエット食品として注目されています。

つまりチアシードに水分を吸収させて分量を増やしたものを、食べたり、飲んだりすることで満腹感を得やすいわけです。

チアシード(チアの種子)を摂取することにより、種子表面の水溶性繊維が 水や胃の消化液の中で約10倍に膨張するので、満腹感を持続させます。

摂取後は満腹感があるため、間食を抑えたりと新しい食物繊維ダイエットサポート食品として注目されています。

チアシードでらくらくダイエット!

チアシードのダイエットが簡単な理由

空腹感を我慢しながらダイエットしなくても、満腹感を得ながらダイエットできるのです。

それによって今までよりも食事の分量を抑えることができるからダイエットがしやすいのですね。

これなら、空腹感がつらくてつい食べてしまってダイエットができない人でも成功しそうです。

チアシードのダイエット商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

チアシードの効果

このチアシード自体には、あまり味がないので、他のいろいろな食べ物にまぜて分量を増やし低カロリーで満腹感が得られるというダイエット効果があるわけです。

また、チアシードが水分を吸うことにより、体積が大きく膨れ上がる事を利用して食膳に少量のチアシードを摂取するとお腹の中で膨れます。

食事制限を効率的にサポートしてもらうので大きなダイエット効果を生みそうです。

すなわちチアシードが食べ過ぎを防止してくれるのです。

これなら美しいボディラインも手に入るかもしれません。

チアシードの飲み方や食べ方

チアシードに水分を吸収させるとチアシードのまわりの水は、とろっとして、くず湯のような感じになります。

ですから沢山食べて満腹感を味わいながらダイエットしたい人は、チアシードと食品(水分の多い)を混ぜて増やしてから食べるとかがおすすめです。

同じカロリーでも、料が増えるのでおなかは膨れて満腹感が得られるんです。

お腹は空かしたくない、空腹感は感じたくないけれど食べたくない人にもおすすめできるチアシードです。

彼氏とデートの時などは、チアシードをお腹に入れれば中でふくらみ、空腹感を覚えません。

まさかデートで彼氏の前で大盛りなど注文できませんし、すいたお腹では楽しさも半減です。

ですからちょっと小腹が空いたけど、間食を我慢したい時にもチアシードはおすすめです。

食べた際に水分を吸うことによりお腹の中で膨れ、空腹感を緩和してくれます。

カバンの中に常備しておくと、ちょっと小腹が減った時も重宝します。

このチアシードは、ゴマのような小さな形状であるため、サプリメント(ピル)ケースで容易に持ち運べます。

場所を選ばず、どこでも満腹になれるところもチアシードのよいところです。

チアシードの飲み方や食べ方の例

無味無臭で食べやすいために、砂糖やココナッツミルクを加えて デザートとして利用できます。

ヨーグルト、ゼリーなどにトッピングをしてお召し上がりください。

ジュースなど入れて飲む飲み方も人気です。

お好みのジュースにチアシードを約4gをいれてください。

10分程おいて、十分に膨らんでからお飲みください。

お好みのスープに入れる飲み方もおすすめです。。

チアシードQ&A

Q.水につけて膨張したチアシードのまわりのゼリーは何?
 
A.繊維がゲル化したものです。水溶性の繊維で覆われていて、ゲル化する作用があります。

Q.どうして水につけると膨張するの?  

A.チアシードが、シードの表面をおおう繊毛(多糖質)が水分を吸収すると膨張する性質を持っているからです。

Q.妊娠中でも寒天を食べて平気なの?
 
A.チアシードは自然の食物ですので問題はないと思いますが、不安があれば念のためかかりつけの医師にご相談ください。

Q.1日どれくらい食べればいいの?  

A.チアシードに摂取基準はありませんが、1回約4gを目安にお召し上がりください。

Q.思ったほどチアシードが膨らまない感じがしますが?
 
水に対するチアシードの量によって、膨らみ方に差がでます。

水に対してチアシードの量が少ないと膨らみ方が少ないようです。

水を少なめにしてお試し下さい。

チアシードにはα-リノレン酸、リノール酸が多く含まれています。

また、アミノ酸、食物繊維、カルシウム、マグネシウム等も含んでおります。

美容と健康の維持に、ダイエットにお役立てください。

チアシードとは

チアシードは、チアという植物の種でチア(学名Salvia hispanica)は、シソ科ミント系サルビアの果実・植物です。

その形は小さい楕円形で、直径は、約1ミリと小さく、色は、茶色、グレー、黒と白のまだら模様の種です。

チアシードの成分は、通常プロティン20%、油分34%、食物繊維25%が含まれています。

また、チアシードからとれる油には、ナトリウムが多く含まれます。

ちなみに、チアには、毒性のある成分はありません。

チアシードの成分と効果

チア種子には18種類のアミノ酸を全て含んでいます。

必須アミノ酸8種の他、抗肥満アミノ酸や脂肪燃焼アミノ酸も含まれているのです。

抗肥満アミノ酸は体内に入った油脂が分解・ 吸収されるのを妨げる作用があります。

脂肪燃焼アミノ酸はUCP(脂肪燃焼タンパク質)に働きかけ蓄積した体脂肪を分解するのを補助する働きがあります。

また、種子成分の約30%を油分が占めており、 全体の約8割にα-リノレン酸、リノール酸が含まれています。

近年、コレステロールを減少させる働きがあるとされるリノール酸の過剰摂取により、皮膚炎・花粉症を始めとする アレルギー性の病気が増えてきたと言われています。

この原因の一つにリノール酸とα-リノレン酸の摂取バランスの崩れが考えられています。

チアシードにはこの二つの脂肪酸が 含まれており、その中でも不足しがちで酸化しやすいα-リノレン酸が60%近くも含まれています。

以上のことから、単にチアシードが満腹感を維持するだけでなく、その種子自体に優れた栄養分が含まれていると言えます。

その為、アレルギー体質の改善や生活習慣病の予防等も期待できる食品と言えます。

チアシードの成分αリノイン酸

特徴成分αリノイン酸についてです。

チアシードには、αリノイン酸が豊富に含まれています。

αリノイン酸は、不飽和脂肪酸の1つで、体内でEPA、DHAへ代謝されるのが特徴です。

そのDHAやEPAは、脳をはじめカラダに含まれる健康に大切な成分と言われています。

また同時に、女性らしさや若々しさをサポートする成分でもあります。

チアシードは、ダイエットをサポートするだけでなく、健康維持や若々しさまでサポートするのですね。

チアシードの成分的特長と形状

原産地は、主にメキシコ中部です。

チアの種は、食用となり、オメガ3不飽和脂肪酸を非常に多く含むため、商業作物として栽培されています。

そしてこのチアは1年草で、高さ1メートル、葉の長さ4~8センチ、幅3~5センチにまで生長し、紫色か白色で、茎の先端に無数のフサ状の花をつけます。

ところで「チア」という名称は、ナワ語(アステカ時代)の「油性の」を意味するchianに由来します。現在のメキシコの地名、チアパスは、ナワ語で「チアの川」という意味です。

チアの種名であるhispanicaは、「スペインの」の意味ですが、これは、リンネ(Carolus Linnaeus スウェーデンの植物学者)が、チアはスペインで栽培された植物と記載したことからきています。

チアシードのダイエット商品を人気の順で常に最新の状態で表示させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です